【画像で解説】息子と行った、雨の日におすすめのコペンハーゲン観光スポット厳選4選

せとか

デンマークに家族3人で住んでいます。

1年間いろいろ出かけて4歳息子と私が特に気に入った観光スポットを紹介します。

せっかくデンマークに来たのに雨になったら「どこに行けばいいの!?」となりますよね。

そんな子連れ家族にぴったりの、施設全体を子供と親が一緒に楽しめる場所を選びました。

子連れが楽しめる、雨の日にぴったりの観光スポット@コペンハーゲン

エクスペリメンタリウム(科学館)

せとか

子供が気に入りすぎて年パス持ってます。1年間で10回以上行った、親子で一番のお気に入りの科学館です。

科学館と言っても、つまらん展示などは1つもなく、年齢関係なく誰もが夢中になるものばかり!
遊んでいると、知らないうちに科学の知識を身につけられる最高の遊び場です。

ここはキッズに特にお勧めの、水のゾーン↓。

砂遊びをしながら波を起こし、砂の崩れ方などを知る↓

他にも光のゾーンやシャボン玉ゾーン、ボール転がしゾーンなど、楽しすぎるところがいっぱい。

0~5歳の子が遊べるゾーンも広い↓。 スクリーンの前に立つと骨と心臓が映し出されるものもあり、知らず知らずのうちに体の仕組みを学べたりする。

内装はアートっぽくなっているところはさすが↓。

1日では回りきれないほど広く、親子で夢中になって過ごせます。

我が家は10時~15時くらいまで余裕で遊びます。最高の施設です。

スポット名Experimentarium
住所Tuborg Havnevej 7, 2900 Hellerup
料金~2歳 無料
~11歳 119DKK
12歳~ 199DKK
遊ぶ時間半日~1日
タイプ全天候型。屋上のみ屋外。
持ち物乳幼児ゾーンで遊ぶなら靴下持参。
飲食物持込み自由。

真っ暗闇の中をボートを漕いで進む美術館

せとか

まるでディズニーランドのアトラクションのような観光スポットで、大人も子供もワクワクドキドキ間違いなし!

注意しなくてはいけないのが「声を出してはいけない。話すにしても必ずヒソヒソ声で話す」というルールがあります。
なので、静かにできる子供だけにお勧めの場所です。

静寂も美術の一部なので、しっかり守れる場合に入りましょう。

巨大な公園の中に入り口↓があり、階段を降りると驚く世界が広がっています。

写真↓なので明るく見えますが、実際はほぼ真っ暗闇でやっと段差が見える程度。

真っ暗な闇の中を、張られているロープを頼りにボートを自分で漕いで進んでいきます。

こんな暗闇の中、遠くまで行って帰ってこれるの?という不安が出てきます。

実際の暗さ↓

漕いで行くと作品が見えてきます。美しい…!見るものに関しては、子供的にはあまり刺さらないかも。

前のボートを追い越したりはできません。

なので、前のボートの人たちが長い時間止まって作品を見ている場合、後ろのボートは止まって待つ必要があります。

せとか

我が家が訪れた際は空いていましたが、前のボートの人たちの止まっている時間が長すぎて、後ろが行列になるわ、息子をなだめる必要があるわでちょっと焦りました…。

それでも、親子で「面白かった場所」として記憶に残っている、おすすめの美術館です。

スポット名Cisterns in Søndermarken
住所Bag Søndermarken, 2000 Frederiksberg
料金~17歳 60DKK
18歳~ 125DKK
遊ぶ時間20分~45分(前のボートの進み具合による)
タイプ全天候型。地下なので寒い。冬は水が凍るため?営業していない場合がある
トイレ美術館内には無いが、公園内にトイレ有り。

完全屋内型の巨大遊びパーク

ここは親子には天国な遊び場です。赤ちゃん~小学校低学年くらいまでが思い切り一日遊べます。

海外に来た感はあまりないので、観光地として楽しむという意味では違うかもしれませんが、とにかく子供が喜びます。

せとか

ただ、交通の便も良く、飲食物の持込がOKでとても綺麗、しかも巨大なので親子で気に入っています。

荷物置き場に荷物を置いて、靴を脱いで、靴下で遊びに行きましょう!(裸足NG)

ここ↓は乳幼児エリアです。

ここ↓はキッズエリア。このようなアスレチックが延々と延々と延々と続いています。

私はまだ、日本でこれだけ巨大なアスレチック施設を知りません。

4歳の息子が登ったきり、怖くて降りられなくなった滑り台。

画像で見るよりずっと長くて急で、私も助けに行くの怖かったです。

基本、全部料金に含まれていますが、3種類ほど別料金の乗り物があります↓。

せとか

別料金なのは腹立たしいけれど、あまり見ない乗り物だったので回数を決めてトライしました。

↓は、日本のキッズスポッチャにもある、銃でボールを打ち合うエリアとそっくりなエリア。デンマークにもあるんだ~と驚きました。

せとか

この遊び場のすごいところは、飲食物の持込がOKなところ。スーパーにはオーガニックの果物も売られているので、持って行くのがおすすめ。

広い飲食エリアがあり、ここで食べ物や飲み物も買えます。↓

スポット名DINOS LEGELAND
住所Asger Jorns Allé 4, 2300 København
料金15歳以上 39DKK
2~14歳 129DKK
1歳   59DKK
0歳   無料
遊ぶ時間半日~1日
トイレあり
持ち物靴下。必要なら飲食物

無料の児童館KU.BE

せとか

説明にはカルチャーセンターと書かれていますが、いわゆる児童館です。

無料ですしお勧めの施設ですが、やや小さめです。
施設内の遊びスポットは、画像にあるのがほぼ全てと思っていただいて大丈夫です。

建物内に入ると、まずこの長い滑り台↓が目に飛び込んできます。

そして、子供は滑るためにすっ飛んでいきます。笑

子供たちがいかにも好きそうなアスレチックもあります。

デンマークの家族って、屋外でも屋内でも、親が子供と一緒になって遊ぶ文化ってあまりないようです。

せとか

基本、子供の遊び場にいくと親は子供を眺めているだけです。うらやましすぎ…。

そんなに広い場所はありませんが、走れるように工夫されています。

円形っぽく見える木製のものの上を走り、走りながらカーブできるようになっています。↓

私が訪れた日には、↓は使用不可になっていましたが、絶対楽しいですよね、これ!!

卓球台サッカーゲーム台、休憩するテーブルがあります。

1年たって気がつきましたが、デンマークにはサッカーゲーム台がいろんなところにありますね。

お手洗いはアートのよう。↓

体育館もあって、息子はここで長時間遊んでいました。

画像にあるように天井からロープがぶら下っていて、ターザンごっこができます。

外には庭っぽいのがありましたが、特に魅力的には感じませんでした。

僕はこの遊び場が大好きで、3回くらい行ったよ!

息子ゆず

スポット名KU.BE
住所Dirch Passers Allé 4, 2000 Frederiksberg
料金無料
遊ぶ時間2~3時間
トイレあり
持ち物靴下。必要なら飲食物