ベビーカーも車も嫌がる!2歳児15kgとの外出時のお昼寝問題に悩んだ結果、こうしました。

2歳2か月の息子のお昼寝問題に最近悩んでいます。我が家がどのように対処しているかを書いてみます。他の人はどうしているのでしょうか…。

2歳2ヶ月息子のお昼寝に関する悩み

3歳くらいまでの子供は、お昼寝をしますよね。息子も例に漏れず13時頃~15時頃まで毎日お昼寝します。(平日は保育園で)

ちなみに息子は15kgと重いので、抱っこをするとうい選択肢は考えていません。

今まではベビーカーで寝ていたので長めの外出ができていた

2歳前まではベビーカー、またはショッピングセンターのベビーカートでお昼寝をしていました。

カートでお昼寝をしている間に親はカフェで一休み♪ということができていたので、休日はショッピングセンターに1日いることが定番になっていました。

ベビーカーを嫌がり、外でのお昼寝ができなくなった

2歳になってからというもの、息子はあらゆる「子供専用の乗り物」に乗らなくなってしまいました↓。

どうやら、もうお兄ちゃんなので恥ずかしいようです。子供のプライド…

  • ベビーカー
  • ショッピングセンターのベビーカート
  • チャイルドシート

ということで、息子が乗れる乗り物は電車とバスのみに限られてしまったのです…!

そうすると、外出先でお昼寝可能な場所しか行けくなりますよね。

息子がお昼寝をする条件

  • 幼児用の乗り物にのっていないこと
  • 親も隣で一緒に横になっていること

条件の数は少ないものの、「親が横になれる場所」でなければならないので、場所は限られてしまいます。

児童館やショッピングセンターはまず無理ですね><

結局、我が家はこう過ごすことにしました

完全な解決法は、残念ながら見つけることはできませんでした。

息子を色々な公園や遊び場に連れて行ってあげたい!と思っているのですが、それは諦めることにしました…。

①お出かけを制限する(お昼寝の時間までに帰り、自宅でお昼寝をする)

外出していても、お昼寝の時間が近づくと家に帰ります。息子が楽しそうに遊んでいるほど、泣かれて帰りづらいという欠点があります。

行ける範囲は、電車やバスで片道30分くらいが限界ですね。

お決まりの場所にしか行けないですが、この方法を選択している方は、ネットを見る限りでは多そうです。

②お昼寝ができる外出先に行き、そこで寝る

息子の私もとても楽しめて、お昼寝ができて1日楽しめる場所が理想ですよね。

頑張って頑張って探しました!ただ、ここ1か所しかありません^^;

かすかべ湯元温泉徹底解剖。1番安く入るには?おむつの子でも、プールにも温泉にも入れて最高だよ!

2019年1月4日

温泉施設なら、大人がごろ寝しても恥ずかしくありません。しかも、子供でもプール(一年中入れる)と温泉(子供が楽しめるプールあり)に入れるんですよ!!

ここは私たち家族にとって、本当に貴重な場所になっています。笑

他の小さい子のママは、外出時にどうしてる?

ネット上でも、「子供の外出時のお昼寝どうする問題」が話されていました。やっぱりみんな悩んでいますよね!

いくつか見て、まとめてみました。抱っこして寝かせる方法は除外しています。

ベビーカーなどに乗る子供の場合

  • 外出先にベビーカーを持っていき、お昼寝時に乗せて寝かせる。
  • 眠そうになったら車に乗せて寝かせる。

ベビーカーなどに乗らない(ベビーカーで寝ない)子供の場合

  • 遠出せず家に帰ってお昼寝する
  • 昼寝時はホテルのデイリーユースを利用する
  • (子供の体重によるが)おんぶして寝かせる
  • 寝ようとしたら何が何でも起こす

ホテルのデイリーユースや、何が何でも起こすというのは思いつきませんでした。

みんなそれぞれ家の事情も違いますし、世の中にはやはり自分が思いつかない方法が沢山あるんだなぁと驚きました。

まとめ

子供のお昼寝…本当に悩みますよね。

お昼寝があるので、行動範囲が制限しなくてはいけなかったり、大急ぎで帰らなければいけなかったり。

私は毎回行ったことのない場所に出かけることが好きなのですが、お昼という縛りがあるとなかなかそうはいきません。

ですが、同じ悩みを抱えているママさんが多いということがわかり、ちょっと安心しました。

お昼をして心身健康でいてくれたらこちらも嬉しいので、長い人生のうちの少しの期間だと信じ、お昼寝をきちんとさせる計画をたてることに落ち着きました。

こちらの記事もどうぞ

かすかべ湯元温泉徹底解剖。1番安く入るには?おむつの子でも、プールにも温泉にも入れて最高だよ!

2019年1月4日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください