2週間に1回絵本を借りるママがリアルに借りた「2歳6ヶ月の息子用絵本」 9冊!

こんにちは。高橋せとかです。

私は2週間に一度、近くの図書館で息子に読みきかせるための絵本を借りていました。(前回は1か月間借りてみました)

その借りた各絵本について、息子の年齢には早かったか遅かったか読みきかせにお勧めかを、簡単に書評を書いていきたいと思います。

息子の発語レベル

私は絵本を借りるときに、子供のレベルに合った文字数のものを選んでいます。

最近、息子は下記のことをしゃべります。

  • これ気になる!
  • (物を目に近づけて)近すぎて見えなくなっちゃった。
  • (容器を逆さにしながら)こうしたら水がでる。こうしたらでない。あ、穴があいてる。だから水がでてくる。

だんだん接続詞を使えるようになってきました。日常会話はほとんど困らなくなりました^^

ちなみに前回はこちらの絵本を借りました。

2週間に1回絵本を借りるママがリアルに借りた「2歳6ヶ月の息子用絵本」 9冊!お化け絵本たくさん!

2019年5月11日

「おに」と「おばけ」ブーム継続の息子への読みきかせ用に借りた本

いまだに「お化け」と「おに」ブームが続いている息子のために、たくさんではないですが今回も借りてきました。

はらぺこゆうれい

子供喜び度 :★★★
ストーリー :★★★
総合お勧め度:★★★

せなけいこさんの「おばけえほん」シリーズは、2歳半の息子にぴったりの文字量なので、集中的に借りています。(大き目文字で見開き8行以下)

子供がちょ~っと怖がるような話になっていますが、かわいらしい鬼が登場するのがいいですよね。

このお話は、お腹ぺっこぺこのゆうれいが倒れているのを、鬼が救助して…というお話です。

ちなみに前回は同シリーズの「おばけなんてないさ」や「かみなりのおやこ」を借りました。とってもお勧めです。

ばけものづかい

子供喜び度 :★★★
ストーリー :★★★
総合お勧め度:★★★

こちらも、せなけいこさんの「おばけえほん」シリーズの絵本です。

題名からして「お化けがおつかいするのかな?」と思いましたが違うようで、「人使いの荒いおじいさんがおばけにあれこれ命令して…」という内容でした。

おじいさんの性格が私の父に似ているのでちょっとクスッと笑ってしまいました^^

お化け達をかわいいな~と思える素敵な絵本だと思います。

もりのおばけ

子供喜び度 :★★★
ストーリー :★★
総合お勧め度:★★★

表紙からして「あ、これ怖いやつやん」とわかります。男の子の顔怖い…。

文字量は、見開きで2~3行ですらすら読めます。

兄弟で森の中に入っていき、兄がお化けに遭遇します。

抑揚がなく、たんたんと物語が進んでいくのでストーリーの★を1つ減らしました。でもお化けが好きな子は読んであげると怖がりながら喜ぶと思います!

こよみともだち(仕掛け絵本)

子供喜び度 :★★★
ストーリー :★★★
総合お勧め度:★★★

日本の四季を息子と楽しみたいと思い借りました。

文字量は、中くらいの文字の大きさで一番多くて見開き10行です。

「1月さん」から「12月さん」が仲良くなるというお話で、それぞれどんな月かが見開きでわかりやすく描かれています。

最後のページはそれぞれの月のおうちの扉を開ける「仕掛け絵本」となっているので子供が喜ぶこと間違いなしです。

そらまめくんのベッド

子供喜び度 :★★★
ストーリー :★★★
総合お勧め度:★★★

「人気の絵本ランキング」などで見かける絵本です。

文字量は小さ目文字で見開き最大12行です。最大なので、他のページはもっと少ないです。

内容は題名通り、そらまめ君のベッド(殻)が無くなってしまい、他の豆類(笑)のベッドではフィットしないので困っていると…という、ほっこりする話です。

この絵本を読んで、自分の大事なものを他の人に譲れるようになってほしいです。

あめのひ

子供喜び度 :★★★
ストーリー :★★★
総合お勧め度:★★★

6月に入ったばかりなので、梅雨の時期をより楽しむために借りてみました。(憂鬱に思っているのは大人だけ~)

雨の日、お部屋の中で、小さい男の子がおじいさんと一緒にあれやこれやとお話して最終的にお外に出ます。

外国の、サイズが大きい絵本です。ザァザァと雨が降る様子が見開きで描かれていて、暗めの絵ではあるのですが、とっても素敵です。

雨の時期にお勧めです!

おたすけこびと

子供喜び度 :★★★
ストーリー :★★★
総合お勧め度:★★★

息子の大好きな「おたすけこびと 」シリーズです。

今回はお菓子作りです!楽しそう♪

沢山のはたらくくるまが描かれているので、1ページに一言だけの文字量がちょうど良いです。

このシリーズは文字量は少ないですが、見れば見るほど発見があるような見ごたえのある絵本なので、言葉が達者な子供さんにもお勧めです。

アリ 虫の暮らし写真館5

子供喜び度 :★★★
ストーリー :★★★
総合お勧め度:★★★

前回「カブトムシ」を借りてとてもよかったので、今回は最も身近な「アリ」を借りてみました。

ただ、良いは良いのですが、虫の超拡大写真がたくさん載っていて幼虫もそれはそれはたくさん載っていて、見ることが心底苦痛です。気持ち悪いです…。

ただ息子が興味津々で見入っているので、写真の虫を触らないように神経をとがらせながらページを捲っています。

ダンゴムシ みつけたよ

子供喜び度 :★★★
ストーリー :★★★
総合お勧め度:★★★

本当は「アリ」と同シリーズのものを借りたかったのですが、「ダンゴムシ」が無かったのでこちらにしてみました。

写真は多用されていますが、こちらは図鑑とは異なり、それぞれの写真について子供が理解できるわかりやすい言葉が添えられています。

でも気持ち悪い。ほんとうに気持ち悪い…見たくない…でも息子は興味津々!

まとめ

最近、絵本を借りる期間について悩んでいます。

いつもは借りた本は2週間で図書館に返しますが、前回は延長申請をして1か月間借りてみました。

息子が集中して見ていたのは3週間までだったのです。やっぱり2週間で良かったのか。でも、3週間目は初めて暗唱し始めたので、やっぱり長く借りたほうが良いのか。

うーん。

ちなみに4週間目は英語絵本のORTに夢中で、一日10冊は読むと言って聞きませんでした。

【おうち英語】2歳5ヶ月。英語絵本選びは難しすぎることが判明。悩んだ結果、ORTを使用したら全てが解決したよ!

2019年4月25日

日本の絵本と英語の絵本を毎日両方、読み聞かせしたいと思っていますがこちらも難しく…偏ってしまうんですよね。

悩みはなかか尽きませんが、それさえも最近は楽しいです。

では、また。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください